利用頻度の少ない人にオススメ!フィットネスジムのビジター利用

フィットネスジムに通うときには、会員になるケースが多いです。会員になれば毎月の会費を支払うことになるでしょう。利用頻度が高い人にとって、毎月の会費を支払うだけのメリットが得られます。しかし、仕事の都合で頻繁に通えない月があるという人もいるのではないでしょうか。

そのような方にオススメの利用方法がビジター利用です。そこで今回はビジター利用のメリットとデメリットを紹介していきます。

余計なお金を払わないで済む

通常の利用方法は月会費を支払うことになりますが、ビジター利用では毎回利用料金を支払う形になります。利用頻度の多い人にとっては月会費を支払うパターンの方がメリットは大きいです。しかし、仕事や家庭の都合でフィットネスジムに通う頻度が少ない場合、月会費の金額に見合った分の利用ができていないケースも考えられます。

見合った分の利用ができていない場合、余計なお金を支払っているような気分になる人もいるかもしれません。そんな方はビジター利用でフィットネスジムに通うのがオススメです。ビジター利用であれば、使いたいときにだけ利用料金を支払う仕組みであるため、余計な出費をせずに済みます。

特に毎月の利用が1回か2回程度だという人には適した方法でしょう。フィットネスジムで鍛えたいと思ったときにだけ料金を支払うので、自分の気分次第でトレーニングを行う日を決められるのもメリットと言えます。ビジター利用であれば気軽にフィットネスジムを利用できるので、どのフィットネスジムが自分に合っているかを比較したいときにもオススメです。

経済的に余裕がない人でも利用しやすいという点もビジター利用のメリットでしょう。

手続きを行う必要がない

ビジター利用では手続きが必要ないというメリットも得られます。月会費や年会費を支払うようなフィットネスジムでは、入会や退会、休会などのときに手続きが必要になります。手続きの度に書類やハンコを用意しなければならないため、フィットネスジムの利用を始める前にやる気が失われてしまうケースもあるでしょう。

手続きによっては承認されるまでの時間もあるため、さらにやる気を失う可能性も考えられます。その点を考えれば、ビジター利用は手続きなしで、すぐにフィットネスジムを利用できるため、やる気のあるときにトレーニングを始めることが可能になっています。

ビジター利用は新規の人でも気軽にフィットネスジムを利用できるため、友人を誘ってその日だけ一緒にトレーニングを行うというおとも可能です。手続きが必要ないので、「フィットネスジムでトレーニングを行う」というデートプランを組み立てられるのもメリットでしょう。

利用頻度の多い人にとっては良くない

ビジター利用は利用回数が少ない人にとっては良いですが、頻繁に利用する人にとってはデメリットがあります。その都度お金を支払う仕組みであるため、頻繁に利用していると月会費をオーバーする料金を支払っている可能性が出てきます。

例えば月会費が15000円で、ビジター利用の料金が3000円である場合、5回の利用で月会費の料金に達してしまいます。

6回以降の料金もビジター利用で支払っていた場合、余計な支払いをしてしまっていることになります。このように月会費の金額をオーバーしている場合は、ビジター利用ではなく、月会費での利用に切り替えた方が良いと言えます。

仕事やプライベートの空き時間を使って、毎日トレーニングを行いたいという方はビジター利用ではなく、月会費の方がメリットは大きいでしょう。スポーツを行っていて筋力アップを目指しているという方もフィットネスジムを頻繁に利用するほうが良いため、月会費を支払っている方が金銭的なメリットを得られます。

モチベーションの維持が難しい

月会費を支払っている人の中には、支払った分は利用しないといけないという気持ちで通っている人もいるのではないでしょうか。その考え方もフィットネスジムに通うためのモチベーションを維持する方法として、間違ったものではないと言えます。

しかし、ビジター利用の場合はその考え方が通用しません。自分が行きたいときにだけ行くことが可能であるため、モチベーションの維持が難しいのがビジター利用のデメリットです。そのためトレーニングに対するモチベーションの維持が苦手な人には適さない利用方法でしょう。

お金を支払っているからフィットネスジムに行かなければならないという状況を作った方が継続できるという人は、月会費の方が良いと言えます。フィットネスジムで良い成果を得たいのであれば、継続的な利用が重要になります。

金銭的な悩みがない人は、どちらが継続しやすいかという点に注目してみるのが良いでしょう。自分が継続しやすい支払いの方法を選ぶことで、後悔することなくフィットネスジムを利用できる可能性が高くなります。

大手のフィットネスジムは避けよう

フィットネスジムのビジター利用を検討している場合は、大手のフィットネスジムを避けておいた方が良いでしょう。大手のフィットネスジムは安定した収益を求めている傾向が強いです。そのためビジター利用を行っていない可能性が高くなっています。

これはビジター利用で1回しかフィットネスジムに訪れない人よりも、月会費や年会費を支払ってくれる利用者をターゲットに絞った方が安定した収益を見込めるからでしょう。(参考資料 - フィトネスクラブ - メガロス)

このことを考えれば、大手のフィットネスジムからビジター利用が可能な場所を探すのは難易度が高いです。

手っ取り早くビジター利用のできる場所を見つけたいのであれば、地域に密着した小規模なフィットネスジムが狙い目だと言えます。

レディースのフィットネスウェアの選び方!ハーフパンツ着こなし術も紹介

安くで利用したい場合は区や市が運営している場所がオススメ

どのフィットネスジムの料金も自分の予算では難しいという方は、区や市で運営しているスポーツ施設がオススメです。

フィットネスジムの利用料金は2000円や3000円といったものが多いのに対して、区や市で運営しているスポーツ施設は1回の利用料金が400円から600円程度のところが多くなっています。

設備や器具も豊富に揃っているため、試しに利用してみるのも良いでしょう。注意点としては利用時間が限られていることです。1回の利用時間は2時間から3時間程度のところが多いので、長時間の利用を求めている人はフィットネスジムに通った方が良いかもしれません。

またトレーニング器具は最新のものではないため、劣化が激しいものもあり、使いにくさを感じる可能性もあります。